ライセンスの種類

ダイビングショップのホームページをいくつか見ていると、ライセンス(Cカード)の名前がいくつかあることに気付くのではないでしょうか。

謎のアルファベット4文字、長いカタカナ…何が違うのかご説明します。

Cカード(ダイビングライセンス)の種類

Cカード(ダイビングライセンス)とは、民間のダイビング指導団体が発行している認定証のことです。
世界中に広く知られている団体もあれば、ごくごく一部だけで展開している団体もあり、それぞれのライセンスの認知度も様々です。

そして、同じ指導団体の認定の中でも、ダイバーのスキルや経験・知識などの熟練度に応じてランクが分けられています。

主なダイビングライセンス認定団体(ダイビング指導団体)

それでは、ライセンス認定団体を紹介します。

PADI(パディ)=Professional Association of Diving Instructors

世界最大の指導団体で、いわば業界最大手です。認定ダイバー数も、指導プログラム数も、拠点数も、他の団体に比べ圧倒的に多いです。

NAUI(ナウイ)=National Association of Underwater Instructors

ダイビングの指導員の組織ができたことをきっかけに生まれた、由緒正しき指導団体です。

SSI(エスエスアイ)=SCUBA Schools International

アメリカで生まれた指導団体です。日本国内での歴史は浅いものの、徐々に認知度が上がってきています。

BSAC(ビーエスエーシー)=British Sub-Aqua Club

イギリスで生まれた指導団体です。名誉会長はチャールズ皇太子!

CMAS(クマス/シーマス)=Confederation Mondiale Des Activities Scubaquatiques

世界水中連盟のことです。日本の場合は、その中の「日本水中活動協会(JCIA)」に加盟する団体それぞれが直接の指導団体にあたります。

熟練度によるCカード(ダイビングライセンス)の種類

上記のPADIの場合、熟練度別のCカード(ライセンス)はこのようになっています。

オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

初級ライセンスです。ダイバーとしてのスキルや必要知識を身につけます。このCカードを取得すると、水深18mまでのダイビングを仲間と楽しめるようになります。

スペシャルティ・コース(SP)

上記オープン・ウォーター・ダイバー取得後から受講できます。深くまで潜る、水中写真を撮る、などテーマごとに分かれており、それぞれのテーマの専門知識・専門技術を身につけます。

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)

中級ライセンスです。テーマに沿って幅を広げることで、海をもっと楽しめるような経験を積んでいきます。

レスキューダイバー(RED)

中・上級ライセンスです。水中での緊急事態をあらかじめ防ぐ方法を学びます。

ダイブマスター(DM)

上級ライセンスです。お客さんを引率して水中ガイドをすることができるようになります。

アシスタント・インストラクター(AI)

インストラクターと同様に一部の業務ができるようになります。(学科講習など)

オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)

正式なインストラクターになることができます。

横浜でダイビング資格を取得し
楽しくコミュニティに参加できる3選

楽しく続けたい!時間を忘れて
夢中になれる場所

ダイビングショップリコモ
リコモキャプチャ画像
引用元:ダイビングショップリコモHP(https://divinglikklemore.com/2019/07/07/moalua%f0%9f%8e%b6/)
ライセンス取得費用 63,000円(税込み)
コミュニティ 月1回の集い/季節イベント
機材預かり ◯(OH有り)

※ドライスーツを借りる場合は別途3,500円が必要

上級インストラクターのもと
自分の可能性に挑戦

マレア横浜店
マレアキャプチャ画像
引用元:ダイビングショップリコモHP(https://www.marea.jp/marea/forte/)
ライセンス 取得費用 71,280円(税込み)
コミュニティ 親睦会(不定期)
機材預かり

老若男女幅広い世代が
面白マジメにスキルアップ

ココナッツ
ココナッツキャプチャ画像
引用元:ダイビングショップリコモHP(https://www.coconut.co.jp/ow/flow/)
ライセンス取得費用 64,584円(税込み)
コミュニティ 月1回の集い
機材預かり ◯(OH無し)